News

Road to Asia Pro League 2.0 (日本語で)

Thu 8th Mar 2018 - 5:30am Rocket League

Road to Asia Pro League 2.0

APL(大会本戦)に出場するための予選リーグ

内容

3/10(土)のリーグ初戦を皮切りに、そこから4/16(月)までの6週間、毎週【月・水・土】曜日に大会が開かれる。時間は下記の通り。

月曜日: 日本時間 午後11時
水曜日: 日本時間 午後8時
土曜日: 日本時間 午後5時



大会形式は、3v3 Bo3 シングルエリミネーション。

 

各大会での順位によって、各プレイヤーにポイントが与えられる。

プレイヤー毎にポイントが与えられるということなので、固定チームで出場できない日は、個人のポイント稼ぎのために即席チームで出ても良いということ。

 

予選リーグ終了日の4/16(月)時点で最もポイント所持数が多い上位50名が「ドラフト・デー」に選出される。

(ここで上位50名に入れなかった者は失格となる)

 

「ドラフト・デー」(日程は後日知らされる)ではアジアを含む世界から6つの有名マルチゲーミング団体が選手たちの戦績・パフォーマンスを評価し、各選手*をピックし、契約を結ぶこととなる。

 

*各団体は基本的に、連携力がある程度備わっている「チーム」を優先してピックする方針。予選リーグで即席でチームを変えてポイントを稼いでいった個人選手(フリーエージェント)も数枠ピックするが、各団体に所属したチームの「サブ」として迎えられる可能性が高い。(もちろんフリーエージェント同士を集めてチームとして結成される可能性もある)

また、1NEなど他の団体に既に所属している選手はここで別団体にピックされることはできない。

 

各団体に選手されたチームは、本戦(APL2.0)が行われる2ヶ月間の短期契約をピックした選手たちと結ぶ。その2ヶ月間、所属選手は各団体から諸々サポート等を受けることが出来る。(大会の成績によっては、各団体が継続的に契約をしてくれる可能性も大いにある。)

 

サブを含む4選手ずつが6団体に所属するため、ドラフトからは50名中24名のみピックされる。残りの26名は後日行われる「Final qualifier(最後の予選)」で残りの本戦枠を巡って争うこととなる。



ポイント

各予選大会での順位で得ることができるポイントは以下のようになっている。

1位:1500ポイント

2位:800ポイント

3・4位:500ポイント

5・6位:250ポイント

7・8位:100ポイント

9位以下:50ポイント

 

出場申し込み

以下のリンクから

https://smash.gg/roadtoapl2

 

訳者より最後に

この大会は今までのアジア大会の中でも各ゲーミング団体を巻き込む程の大規模な大会になります。これは主催者である1NE代表のTastyTが「アジアがここまで活気よくロケットリーグの活動をしていて、世界で闘う準備もできている。コミュニティをもっと盛り上げていくことができる。」という意志を世界へ示すために各方面への交渉と多大なる出資をすることで実現できました。

 

裏で支える人達が作ってくれたこの舞台に必要なのは大会に出て注目を集める「選手」とそれを配信・広報等をして世に広げる「サポーター」達です。選手が盛んに活動しないところには世界は目を向けてくれません。アジアのロケットリーグ界にもっと注目が集まると、開発元のPsyonixももっとこちらの声を聞いてくれるようになり、各ゲーミング団体も参入するようになります。

 

アジアのロケットリーグをさらに盛り上げていくためにも、ぜひ出場しましょう!

PoPo

PoPo

Pawan Kolhe

Your Comments

Please register or login to post comments